Grateful’s diary

心と身体の健康や小旅行先でのできごとなどをご紹介

人は迷うもの 放ってもおけない

人は いずれ死にます
死ぬ時が来れば 死にます

どれほどの財産を持っていても
病気やけがをしないわけでは
ありません

もちろん・・・
処分が可能な財産があれば
高度治療(高額医療)を
受けられる可能性は
あります

しかし・・・
突発的な事故などの場合
治療を受ける前に
命を落とすこともあります

要は・・一寸先は闇 の
例えの通りで
人の運命は 自分でさえも
どうなるかは分かりません

今日 明日 明後日のことさえ
どうなるか分かりません


どうなるか 誰にも分からないのだから
何にも縛られずに 生きられれば
それに越したことはありません

ということは・・・いっそのこと
何も持たずに つまり 何にもこだわらずに
いた方がよっぽど楽で 幸せ!
という話になります。

自分にまとわりつくものを
どんとこ捨てていけば・・・

いわゆる 喜捨 ですね
喜びと感謝の気持ちで
どんどん捨てていきます

全てを捨て去った時
私たちに厄介に付きまとってくる
「ストレス」も大幅に軽減されます

「ストレス」は万病の元ですから
それが軽減されると
病気やけがをしにくくなります


そうはいっても・・・
なかなか そんな生活は
できません


確かにそうなのですが・・
私たちは本当にすべきこと
真っ向から向き合うことが
何か・・ということが
わかっているでしょうか

それが明解なら 迷うことなく
歩みをすすめることができます

でも・・・私たちは
迷う生き物です
迷っているモノゴトや
気になることを
放ってはいられません

そんな風に 色々と気になり
余計なことを考え始めますから
重要なこと 肝腎なことが
見えなくなっていきます


目標に向かって まっすぐに
進んでいたのなら
悩み事や問題は 自ずと解決します
解決すべき時に 切り開かれて
いくものです

あれこれ迷って 色々なことに悩み
気になって手を出してしまうと
肝腎なことが見えなくなります
思考や言動も疎かにってしまうのです


とはいえ これらも思考の癖です

「考える」「自分の考えを話してみる」
ことは重要ですが
「悩む」ことからは 気を遠ざけましょう

人は 悩んでいるようで
実は悩んでいないことが多いので
ほとんど 自分がどうするかを
決めているのです

その背中を押して欲しかったり
「それでいい!」 と
認めてほしいんですよね

その確証が得られないので
つまり 自分で決める自信がないので
迷い 悩んで しまうのです

下手な考え 休むに似たり です
考えて答えが出ないなら
話をしてみることです

意識をしながら 日々を暮らすことで
色々な解決方法が見えてきますよね

そう単純には いかないことも
多々あるとは思いますが
意外と身近なところに
答えはごろごろと 転がっている
そんなものではないかぁ~
などと思っています

f:id:all_grateful:20211027124713j:plain

という クライアントさんとのお話